ギターコード研究室 >>ギター講座 >>ギターアンプ

ギターアンプに関する基礎知識 -ギターコード研究室

ギターアンプの種類

ギターアンプには大きく分けて二種類、真空管を使ったチューブ・アンプとトランジスタを使用したソリッドステート・アンプが存在します。

チューブ・アンプ(真空管)

真空管

他のオーディオ製品の多くがトランジスタを採用し真空管の生産数が激減した現在でも真空管アンプは多くの愛用者が居ます。
特徴としては独特の温かみのある音があげられますが衝撃に弱く真空管には寿命があるため取り扱いには注意を払わなければいけない上に真空管交換など定期的なメンテナンスが必要です。
ソリッドステート・アンプと比べて高価ですがチューブアンプサウンドを好むギタリストは多く、ソリッドステートアンプにも真空管の音を模範し目指した物が数多くあります。

ソリッドステート・アンプ(トランジスタ)

トランジスタ

真空管と比べてノイズが少なく安定した音を出すことが可能で、更に真空管と違いトランジスタ自体は半永久的に使えることも大きなメリットです。
ソリッドステート・アンプの特徴としては先述したノイズが少ない事、また音のレスポンスが早く非常に繊細で硬質な音を出すことができます。この特性を生かした有名なアンプがローランドJC-120です。このアンプは多くのスタジオで置いているので使い方を覚えておくと便利です。
ではソリッドステートアンプの方が優れているのかと言うとそうではありません。(工業製品として見た場合は耐久性など優れていますが)音楽の道具として扱う以上、音の好みがあるので真空管アンプとは別物と考え、楽器店などで自分の耳で聴き比べてみてください。