ギターコード研究室 >>ギター講座 >>ブルースに挑戦

ブルースに挑戦! -ギターコード研究室

ブルースってなんだろう?

ブルースとは基礎となるコードに7thコードを用いた12小節を基本形とする音楽のことです。
これだけでは「なんのこっちゃ?」と思うので次からのスコアやリズムパターンを参考に弾きながら理解してみましょう。

ブルース基本形 コード進行

ブルース基本形コード進行
さて、まずは上のスコアのように「I」をC7コードに「IV」をF7、「V」をG7コードに置き換えてみてください。3つの7thコードを使った12小節のコード譜が出来たと思います。
音楽番組や映画などで「キーがCのブルースで合わせてくれ(例:映画バック・トゥ・ザ・フューチャーI)」なんて事を聞いたことは無いでしょうか?
例えばキーがCならば上のコード進行さえおぼえておけばスコアを持っていなくても合わせることが可能な場合があります。
このコード進行を使い次に紹介するリズムパターンで実際に弾いてみましょう。

基本リズムパターン

ブルース基本リズムパターン
5度省略コード

パターン1は初期のブルースで聴くことが出来るスタイルで四分音符を均等に「カッ、カッ、カッ、カッ」という風に歯切れよくきざみます。
パターン2と3にはシャッフル記号(あるいはバウンス記号)が付いています。これは8分音符をバウンス(ハネさせて)「タッカ、タッカ、タッカ、タッカ」というように3連符の感覚できざみます。 解説だけでは難しいと思うので例えばロバート・ジョンソンの「Kind Hearted Woman Blues」等を参考にしてみてください。
このパターン2と3のリズムは定番と言っていいほどよく使われるので身体になじませておきましょう。