ギターコード研究室 >>ギター講座 >>基本コード

基本コード -ギターコード研究室

基本コードポジション

コードポジション

各コード押さえ方と解説

ギターを買ってすぐに曲のコピーをするのもいいのですが最初におぼえておきたいコードをポジションと指の配置に関して解説します。まずは確実にすべての音が鳴るように意識してみましょう。
構成音も一応紹介していますが暗記する必要はありません。

Cコード

コードC

正確にはC「メジャー」コードの事ですが3和音の場合「メジャー」を省略して呼んでもかまいません。構成音はド、ミ、ソの3和音です。
指の配置は5弦を薬指、4弦を中指、2弦を人差し指で押さえます。1弦と3弦は開放弦を鳴らすので弦に触れない様にする必要がありますが、弦を指の腹で押すのではなく指先で押さえるようにすれば開放弦をきれいに鳴らす事ができるでしょう。

Dmコード

Dmコード

レ、ファ、ラの3つの音で構成されているコードです。3和音であっても「マイナー」は省略できないので注意しましょう。
3弦が中指、2弦が薬指、1弦が人差し指で押さえます。
4弦がレの音(D)なので4弦からしっかり弾く様に意識しましょう。5、6弦は弾かないようにピッキングでコントロールします。

Emコード

Emコード

ミ、ソ、シの3つの音で構成されているコードです。
5弦を中指4弦を薬指で押さえます。または5弦を人差し指、4弦を中指で押さえてもかまいません。状況に応じて使い分ける事のできる様に色々なパターンを練習しておきましょう。
ちなみにこのポジションのEmコードを押さえたまま3弦1フレットを押さえるとEメジャーコードになります。他のコードにも当てはまりますがメジャーコードとマイナーコードの違いなどフレット上ではこの程度のものです。

Fコード

Fコード

ファ、ラ、ドの3つの音で構成されているコードです。
1フレットを人差し指で全て押さえ5弦を薬指、4弦を小指、3弦を中指で押さえます。このように1本の指で複数の弦を押さえるコードをバレーコード、またはセーハと呼びます。
挫折者が多いと言われるこのコードを弾くコツは親指をネックの後ろへ軽く添え手首をグッと前に突き出す様な形でコードを押さえてみましょう。
また8フレット前後のフレット間隔が狭いポジションで押さえてコツをつかむのも良いでしょう。
あとはひたすら練習です。

Gコード

Gコード

ソ、シ、レの3つの音で構成されているコードです。
6弦を中指、5弦を人差し指で押さえます。1弦は小指でも薬指でもかまいません。1弦を小指で押さえた場合、2弦3フレットを薬指で押さえても同じGコードですので試してみて下さい。
4〜2弦の開放弦も弾くので弦に触れてミュートしてしまわないよう注意しましょう。

Amコード

Amコード

ラ、ド、ミの3つの音で構成されているコードです。
4弦を中指、3弦を薬指、2弦を人差し指で押さえます。
6弦開放はミの音なので弾いてしまっても問題ないのですがギターでは余計な音を出さないという事も重要なので ピッキングで弾かない様にコントロールするか、もしくはネックから親指を少し上に出し軽く触れる事でミュートしましょう。

Bコード

Bコード

シ、レ#、ファ#の3つの音で構成されているコードです。
2フレットを人差し指で押さえ、4フレットを薬指、もしくは小指で押さえます。
この押さえ方が難しければ最初は2フレットを人差し指、4弦を中指、3弦薬指、2弦を小指で押さえてもかまいませんがどちらでも押さえられる様に練習しておきましょう。
Fコード同様バレーコードなのですが指を広げて押さえる必要があるのでFコードよりも難しく感じるかもしれません。

Bm7(♭5)コード

Bハーフディミニッシュコード

Bマイナーセブンス・フラットファイブと読みシ、レ、ファ、ラの4つの音で構成されているコードです。m7(♭5)コードは別名ハーフディミニィッシュと呼ばれています。
5弦を人差し指、4弦を薬指、3弦を中指2弦を小指で押さえます。