ギターコード研究室 >>ギター講座 >>ピッキング

ピッキング講座 -ギターコード研究室

基本ピッキング

ギターはピックや指で弦をはじき音を出すのですが、ピックを使う場合でも使わない場合でも基本的なピッキング方法があります。

オルタネイトピッキング

オルタネイト
オルタネイトピッキングとはダウンピッキングとアップピッキングを交互に規則正しく繰り返すピッキング方法の事でピックを使った最も基本的なピッキング方法です。ピックを使ったプレイをするならば速い段階からの習得をお勧めします。
また、オルタネイトピッキングは弦移動の際もダウンとアップの繰り返しを維持するので最もリズムに強いピッキング方法だと言えます。

空ピッキング

空ピック
空(から)ピッキングとはリズムの取り方の一つで実際には休符など音は出さない場面であっても弦に触れない素振りを入れオルタネイトピッキングを崩さない様にします。
具体的に上のスコアでは赤いピッキング記号の箇所は実際にはピッキングしませんがピッキングをする手はリズムを取り続けます。
わかりづらい場合は16分音符のノリで(上のスコア3拍目の様に)弦をピッキングし続けてみて下さい。これが出来たら同じノリでピックが弦に当たらないようピッキング(素振り)してみましょう。この時、適当に手を振るのではなくキッチリとリズムに乗って手を振ってくださいね。
リズムは手だけで取るものではないのですが空ピッキングをおぼえるとリズムを把握しやすくなります。

フィンガーピッキング

アポヤンドとアルアイレ

指番号

まずフィンガーピッキングを行う前に爪の確認をします。爪が長い方は切りましょう。爪を切るとき指先に1ミリ程度爪を残しておくのがポイントです。
ピックを使わないフィンガーピッキングではピッキングした指を隣の弦に当てて止めるアポヤンドとどこにも当てないアルアイレの2種類があります。
例えば6弦を親指で弾いて隣の5弦に触れて指を止めるのがアポヤンド、5弦に触れない場合はアルアイレです。基本的に人差し指、中指、薬指はアルアイレで、親指はアポヤンドでピッキングを行います。
親指以外は指と爪の両方が当たる様に弾くため最初に述べた爪の手入れが非常に重要となります。
定番の練習曲「ロマンス(禁じられた遊び)」の無料スコアを用意していますので是非ご利用ください。

応用ピッキング

素速い演奏に対応するためのピッキング方法を紹介します。まずはオルタネイトピッキングと空ピッキングが確実にそして自然に出来る様になってからチャレンジしましょう。

エコノミーピッキング

エコノミーピッキング

オルタネイトピッキングがダウン、アップを交互に繰り返すのに対しエコノミーピッキングは 例えば3弦をダウンで弾いた直後に2弦へ移るフレーズでオルタネイトならダウン→アップで弾く様な場面でもダウン→ダウンとピッキングします。
リズムよりも効率を重視したピッキング方法と言えますが、よほど速いフレーズ以外なるべくオルタネイトピッキングを使う事をオススメします。

スウィープピッキング

スウィープ

スウィーブピッキングとは弦をピックで掃く様に素早く弾き降ろしたり弾き上げる奏法の事です。ある程度ギターが弾けるようになった時の一つの壁となるかもしれません。
ピッキングとフィンガリングのタイミングが完全に一致していないとブツブツと途切れる様な音になり、弦移動した際のミュートがしっかりしていないと音が濁ってしまうので注意しましょう。