ギターコード研究室 >>ギター講座 >>タブ譜の読み方

タブ譜の読み方 -ギターコード研究室

タブ譜の読み方と使い方

楽器を始めたいけれどもなかなか踏み出せない、そんな方は多いのではないでしょうか?その理由の1つに「楽譜が苦手」というのがあると思います。
しかし、ご安心下さい。ギターにはTAB譜(タブラチュア)という押さえる位置を数字で表した記譜方法が存在します。

Cメジャースケール -TAB譜

ドレミファソラシド

五線譜とタブ譜の違い

タブ譜読み方

五線譜は5本の平行線と音符で音を表記するための物ですがタブ譜とは弦の本数とフレット番号で押さえるポジションを示す表のことです。
弦の本数が6本であるギターならタブ譜の線の本数は6本、弦の本数が4本であるベースならばタブ譜の線の本数は4本となります。

タブ譜の読み方

読み方

押さえるポジションを示したタブ譜の具体的な読み方は一番上の線が1弦を表し、その下の弦が2弦続いて3弦、そして一番下の線は6弦を表しています。
つまり一番上の線上に「5」という数字が表示してあれば「1弦5フレットを押さえる」という事です。
リズムに関しては日本のスコアだとタブ譜にもリズムを表記してあるのですが外国のスコアではタブ譜には数字のみというのがほとんどです。この場合リズムは五線譜を参考にしましょう。

スコアを信用しすぎてはいけない

スコア

初心者であるうちはタブ譜に頼っていてもいいのですがギターになれてきてスケール等に興味を持ってきたなら音符を読みタブ譜はポジションの参考程度に使うのが理想的です。
またタブ譜はコピーしたいアーティストと同じポジションで表記しているとは限りません。さらに市販しているスコアが絶対という訳ではなく間違っている場合もあるので最終的には自分の耳が頼りなのです。