ギターコード研究室 >>ギタースコア >>G線上のアリア

J,S,バッハ|G線上のアリア -ギタースコア

ヨハン・セバスティアン・バッハによって作曲された管弦楽組曲第3番の中でもアリア楽章は「G線上のアリア」として有名ですがバッハ自身は「G線上のアリア」という題名を付けておらず、 ドイツのヴァイオリニストであるアウグスト・ウィルヘルミがヴァイオリンのG線(ヴァイオリンの最低音弦)のみで演奏出来るよう編曲した事で世の中に「G線上のアリア」として親しまれるようになったそうです。

ギタースコア-TAB譜

G線上のアリア

G線上のアリア演奏ポイント

非常にゆったりとした曲ですがスムーズな流れを作ろうとすると結構なテクニックが必要となる曲です。
まずは指をなじませるためにすべての音をなめらかに弾こうとするのではなく1小説単位で8分音符のベースライン+16分音符のメロディラインで区切って練習してみましょう。 そうすることで歌の息継ぎのように音が途切れても大丈夫だと思える箇所が見えてくるはずです。