ギターコード研究室 >>音楽理論講座 >>コード

コード(Chord)

コードとは異なる2つ以上の音を積み重ねた時の音の響きの事であり3和音を最小単位とし原則的に1度、3度、5度の積み重ねをコードの基本とします。この時の1度、つまり基礎となる音の事を「ルート(根音)」と呼びます。

音を積み重ねた時にはこのルートを基準として考え、ルートと積み重ねた音との音程関係で「コードが有する性格(コードネーム)」が決定されます。

三和音

三和音 トライアド その他の三和音

四和音

四和音

三和音に7度、もしくは長6度を加えたものを四和音と呼びます。重ねた音が8度を超える場合にはテンション・コードと呼ばれます。

コードネームに関するルール

コードネーム

コードネームの読み方と考え方

音を積み重ねた時、ルートからの音程が短3度なら「マイナー・コード」、長3度なら「メジャー・コード」と呼ばれる様になり、これが一般的に言われているメジャーコードとマイナーコードの違いです。

さらに3度がメジャーの場合、例えばCメジャーコードであれば「C」だけでCメジャーコードだという事を表します。しかしCマイナーコードの場合は「Cm」の様に「マイナー」であるという事を省略出来ません。 このようにコードネームには表記を省略する音程と省略してはいけない音程があります。
よく迷う代表的なコードネームが「マイナーメジャー7thコード」です。このコードは3度はマイナーだけど7度はメジャーですよ、という事を表しています。

コードネーム表記方法の違い

コードネームの表記方法は全てが同じというわけではなくスコアによって多少のバラつきがあります。
ここでは代表的な表記方法の違いについていくつか挙げておきます。