ギターコード研究室 >>音楽理論講座 >>ダイアトニックコード

ダイアトニック・コード

ダイアトニック・コードとディグリーネーム

ダイアトニックコードとはダイアトニックスケールの各音をルートとし音を積み重ねた時に出来る7種類のコードの事です。直訳すると7つの主音和音ですが日本語では音階和音と呼びます。
コードネームとは別に音符の下に数字を記載しました。これはディグリーネームと呼ばれるものでコードをローマ数字で表したものです。

三和音 Cメジャー・ダイアトニックコード

三和音ダイアトニックコード

四和音 Cメジャー・ダイアトニックコード

四和音ダイアトニックコード

キーが変わっても利用できるディグリーネーム

次のダイアトニックコードはE♭メジャーキーのものですがディグリーネームは変わりません。
Key of E♭

三和音に7度、もしくは長6度を加えたものを四和音と呼びます。重ねた音が8度を超える場合にはテンション・コードと呼ばれます。

Aナチュラルマイナー・ダイアトニックコード

ナチュラルマイナー・コード

CメジャーキーとAナチュラルマイナーキーのダイアトニックコードは順番が違うだけでコードは全く同じですが ディグリーネームはメジャーキーを基準に考えられているのでディグリーネームの数字にフラットが付きます。

Aハーモニックマイナー・ダイアトニックコード

ハーモニック・マイナー・コード

Aメロディックマイナー・ダイアトニックコード

メロディック・マイナー・コード
マイナースケールが3種類ある様にマイナーのダイアトニックコードも3種類存在します。