ギターコード研究室 >>音楽理論講座 >>ギターの音をおぼえよう

ギターでドレミ

指板上のドレミファソラシドをおぼえよう

ギターにはタブ譜と呼ばれるポジションで弾く音を指定するスコアがあるため自分が何の音を弾いているのか理解していないギタリストが少なくありません。
しかし、ピアノを弾く人が鍵盤上の音を把握していないと演奏ができない様にギタリストもしっかりと音の位置を把握していないとバンドなどで他の楽器との意思疎通が困難になる場合があります。
「スケール」などという呼び方をすると敷居が高いイメージを持ってしまいがちですが一度おぼえてしまうと指が自然に動く様になるので早い段階でマスターしてしまいましょう。

Cメジャースケール=ドレミファソラシド

ギターの指板を簡単な図形にしたものです。赤い丸は「ド」の音で残りの「レミファソラシド」は青い丸で表しています。図形の一番上が1弦、一番下が6弦を表しています。
ギターポジション

分割しておぼえよう

一度に全てのドレミの位置をおぼえるのは大変なので分割してしまいましょう。
ここで紹介するのは手の横移動を行わず弾ける「ボックスポジション」と1弦につき3音づつ配置する「3ノート・パー・ストリング」という方法です。
まずは「ボックス・ポジション」からおぼえてみてください。

ボックス・ポジション

リディアン・ポジション
エオリアン・ポジション
ロクリアン・ポジション
アイオニアン・ポジション
フリジアン・ポジション

3ノート・パー・ストリング

ミクソリディアン・ポジション