ギターコード研究室 >>音楽理論講座 >>コード進行の基礎(メジャーキー)

コードプログレッション(メジャー・キー)

コード進行

コードとは音を積み重ねたときに出来る響きの事であると音楽理論講座「コード」の項目で解説していますがコード進行とは一体どういう事でしょうか?

コードは単に「音を積み重ねて出来た響き」だけではなく、楽曲として考えれば「楽曲の一瞬を具体的に捉えた」と考えることも出来ます。そして楽曲の一瞬である以上、次のコードへの移動、または曲を終える必要があります。 この時コードは適当に移動しているわけではなくルールに沿って次のコードへと移り変わっています。このコードの流れやルールをコードプログレッション(コード進行)と呼びます。

※必須習得項目
「音程」 「コード」 「ダイアトニック・コード」

主要三和音 -ダイアトニック・コードの各機能

ファンクション

調性音楽で使用される各コードにはそれぞれ決まった役割があります。そしてダイアトニックコードの中でもI、IV、V7の3つのコードは後で解説する「終止形」を形成する重要なコードで主要3和音と呼ばれます。

ケーデンス(Cadence)-終止形

終止形とは名前のとおり曲の「終止」部分などに見られる基本的なコード進行の事でトニックコードへ帰結し調性を決定づけます。
コード進行のイメージ

トライトーン(Tritone)-三全音

トライトーン、三全音とは全音3つ分の音程で減5度音程(増4度音程)の事を指します。この不安定な音程は安定した音程である長3度音程、あるいは短6度音程へ進行しようとする性質を持ちます。
この動きをトライトーンの解決と呼びます。
トライトーンの解決

代理和音 -ダイアトニックコードの各機能2

Iはトニックコード、IVはサブドミナントコード、V7はドミナントコードと解説しましたが、残った他のコードは何の機能もないのでしょうか? 実は残ったコードもしっかりとトニックコード、サブドミナントコード、ドミナントコードといったファンクション(機能)を持っています。 どのコードがどのファンクションを持つのかというのはI、IV、V7のどのコードに響きが近いか、あるいは使用音が似ているなどで決められます。 そして響きの近いコードの代理和音として使用されます。
主要和音と代理和音の共通点
そしてメジャーキーのダイアトニックコードのファンクションをまとめると以下のようになります。
メジャーキーファンクションのまとめ
気づいた方も居るかもしれませんがIIImコードがトニックコード、ドミナントコードの両方で代理和音として表記されています。
これはIIImコードはIM7,Vどちらのコードとも共通点があるためです。そのため基本的にはIIImコードはトニックコードの代理和音なのですが稀にドミナントコードの代理和音として使われることがあります。

コード進行の基礎(メジャーキー)まとめ

以上がメジャーキーでのコード進行のルールです。これらの事をまとめると以下のようになります。