ギターコード研究室 >>音楽理論講座 >>シンコペーション

シンコペーション

拍子と小節

小節内に置かれている「拍」には強く感じる「強拍」と弱く感じる「弱拍」が設定されていて音楽のリズムはこの強と弱の繰り返しにより成り立っています。
4分の4拍子では1拍目と3拍目が強拍と呼ばれる拍です、また8分音符や16分音符の場合はオモテ(ダウン・ビート)が強部、ウラ(アップ・ビート)が弱部であると言われています。
しかしこの強拍弱拍は意図的にこのように強くまたは弱く演奏しなければいけないといった意味ではありません。

これは4分の4拍子であれば演奏中「ワン・ツー・スリー・フォー」と頭の中でカウントし「ワン」の部分で小節の変わり目を意識する様に自然と強く、または弱く「感じる」といった曖昧なものです。
また、先程の解説と矛盾してしまうかもしれませんが強拍弱拍が理解しづらい場合、「強、弱、中、弱・・・」と強迫では強く、弱拍では弱く手を叩いてみましょう。 ただ手を叩くだけの行為が強弱を付けるだけでリズムが感じられると思います。

タイによるシンコペーション

タイによるシンコペーション
シンコペーションとは本来弱拍の、または弱部を強拍や強部に変化させる事です。これは楽曲中で頻繁に行われており、リズムプレイにおいて非常に重要です。
最もわかりやすいシンコペーションは上の譜面の様にタイによって弱拍と強拍が結ばれていて弱拍が強拍になっている場合です。

連続するシンコペーション

シンコペーションの連続
上の譜面をパッと見た時に1小節目の終わりの弱部である8分音符と2小節目の始めの強部である8分音符がタイによって結ばれているのでこの部分がシンコペーションであるという事がわかります。 しかし、本当にこの部分だけがシンコペーションなのでしょうか?
実はこのスコアでの4分音符は全てシンコペーションであると言えます。
スコアの分析
これはこのようにスコアを書き直してみるとよくわかりますが、ウラで鳴らす4分音符は8分音符2つがタイで結ばれたものと考える事ができるからです。
「なんだ、結局タイで結ばれているじゃないか」と思うかもしれませんが譜面は採譜者によって採譜方法が多少違う事があるので、この様な採譜形式、またはリズムになれておく必要性があります