ギターコード研究室 >>ギター講座 >>パワーコード/ブリッジミュート

パワーコード/ブリッジミュート -ギターコード研究室

パワーコード

パワーコード・スコア

パワーコード解説

ここでおぼえる必要はありませんがコードとは3和音を基本としています。しかしパワーコードは1度と5度の2和音、もしくは1度、5度、8度(オクターブ)で構成されています。 メジャーかマイナーを決める3度の音が無いため、メジャー/マイナーの影響を受けづらく非常に使いやすい音だと言えます。
まずパワーコードの押さえ方は人差し指と中指で押さえるパターンと人差し指と小指で押さえるパターンがあります。楽曲によっては中指と小指で押さえる場合もあります。
人差し指と中指で押さえる場合、小指が自由になっているので音を追加する事ができますがややミュートがシビアになります。 人差し指と小指で押さえる場合、小指の自由はありませんがしっかりしたミュートをする事が可能です。
ピッキングに関してはオルタネイトピッキングでもかまわないのですが全てをダウンで弾いた方がより力強い音が得られます。楽曲ごとに使い分けましょう

ブリッジミュート

ブリッジ・ミュート
手

手のひらの赤い部分を軽くブリッジと弦に付けたままピッキングすると音の伸びが抑えられて独特の音が得られます。これはブリッジミュートと呼ばれるテクニックです。
どの程度ミュートするかは楽曲によってニュアンスが違うのですがピッチが狂ってしまうのでブリッジに強く手を押し付けるのはさけましょう。また弦に対するピッキングの角度によって音に違いが出るので色々試してみる事をオススメします。

パワーコード&ブリッジミュートコンビネーション

パワーコード