ギターコード研究室 >>音楽理論講座 >>代理和音

代理和音を使ったコード進行

リハーモナイズ

メロディにコード付けをする事、あるいはコード進行を決める事をハーモナイズ、ハーモニゼイションと呼び、歌メロにギター等の楽器で伴奏用のコードを付ける行為もこれに当たります。 そして一度コード進行を決定した曲のコードを別のコードに入れ替えることをリハーモナイズ、リハーモニゼイションと呼びます。
これらは作曲や曲のアレンジで非常に重要であり、この作業を行うことで同じメロディであったとしても曲の雰囲気をガラリと変えてしまうことが可能です。

※必須習得項目
「コード進行の基礎(メジャーキー)」 「コード進行の基礎(マイナーキー)」

強進行と5度進行 Motion of 5th

ルートが完全5度下降、あるいは完全4度上昇する動きを強進行と呼びます。またルートが完全5度下降(完全4度上昇)するコード進行をMotion of 5thと呼び自然なコードの流れのひとつとしてよく使用されます。
先行和音
Fの音からBへは増4度上昇なのですがダイアトニックコードのみを使い4度上昇進行(5度下降)を連続して行うと以下の様に非常にスムーズなベースラインのコード進行が出来ます。
4度進行

II→V Motion

基本的な終止形の1つにT→S→D→T、マイナーキーだとTM→SM→D→TMがあり主要和音を使用するとI→IV→V→Iというコード進行になります。
この時サブドミナントコードにIVコードを使わず同じ機能を持つIImコードが使われる事が多々あります。
なぜIImコードが頻繁に利用されるかというとIImコードは代理コードであるという理由以上にV7コードに更に3度音程、コードのルートから見た場合は9度音程を重ねた際に出来るV7コードの一部として考えることが出来るためです。
先行和音
またII→Vへのルートの動きを見ると完全5度下降(完全4度上昇)で5度進行しているのでより自然なコード進行を行うことが可能な事がわかります。

偽終止 Deceptive Cadence

V7コードがトニックコードであるIメジャーコードやIマイナーコードへ進行せずに他のコードへ進行することを偽終止と呼びます。偽終止の多くはトニックコードの代理和音へ進行しますがそれ以外のコードへ進行する場合もあります。
曲が終わりそうだけど終わらない、または曲を終わらせず続けたい場合などによく使われます。

ダイアトニックコード以外の代理和音

ダイアトニックコード以外にもダイアトニックコードと同じ機能を持つコードとして利用出来るものがあります。

裏コード Tritone Substitution

相互的代理関係
V7コードと共通するトライトーンを持つ減5度違いの7thコードを「置き換えドミナント」と呼びます。
また、7thコードをサイクル・オブ・フィフスに当てはめると円の反対側のコードがお互いに置き換えドミナントとして利用できることがわかります。 裏コードと呼ばれるのはちょうど円の反対側、つまり裏側に代理として使えるドミナントコードがあるためです。

旋法変換 Modal Interchange

モーダルインターチェンジとは同主調(CメジャーキーとCマイナーキーの様に主音を同じとする調の事)のダイアトニックコードやスケールを一時的に使用する事を指します。
主にサブドミナントマイナーが使われる事が多くサブドミナントマイナーからトニックノートへの進行をサブドミナントマイナー終止と呼びます。
サブドミナントマイナー終止