コードストローク

コードプレイ


実際の演奏でコードを弾くだけの場合、スコアは上の様な表記をされる場合があります。 このようなコードネームとリズム譜だけのスコアの弾き方をタブ譜を使って順番に学んでいきましょう
オルタネイトストロークや空ストロークはピッキング講座で解説したオルタネイトピッキングや空ピッキングとほぼ同様ですが、 複数の弦を一度に弾くので最初はピックが弦に引っかかったりするかもしれません。
ギターのボディに対してピックが垂直になるように意識してみましょう。
※関連講座

ストローク方法

コードプレイやカッティングプレイにおいて大事なのは腕を肘から振るのではなく、うちわで風をあおぐ時の様に手首を軽く振るという事です。
このようなコードを弾く時はを小さく振るのではなく大きく振る事も重要です。ここでは手首を使って大きく全ての弦を弾く様にしてみましょう。
また真下にピックを振り下ろすのではなく円を描く様にストロークします。
スポンサーサイト

オルタネイトストローク

ダウン、アップ、ダウン、アップと規則正しくストロークを繰り返しますが上で解説したダウンストローク同様に軽くうちわをあおぐ様にピッキングします。
ここで重要なのは特別な理由が無い限りダウンストロークとアップストローク時のピックの弦に対する角度が同じであるという事です。
なるべくピックはボディに対し直角に、弦に対し平行になるようにします。ピッキングもガチガチにリキむのではなくあくまでも腕全体の力を抜いた柔らかいピッキングを心がけましょう。
なれるまで柔らかいピックを使うのもおすすめです。

空ストローク

空ストロークとは休符や長い音符を弾く際に手を休めるのではなくリズムに乗って手を振り続けるストローク方法です。コードプレイの基本であり特に上の様なパターンを弾く際には必須の奏法ですのでぜひマスターしましょう。
空ストロークで素振りを行う時とコードをかき鳴らす際の手の振りは同じ様に自然に振ります。違いは弦にピックが触れるか触れないかということだけです。
上のスコアでは赤いピッキング記号が空ストロークになり黒いピッキング記号は実際に弦をピッキングします。
スポンサーサイト

関連ページ