コードプログレッション(マイナー・キー)

マイナーキーのコード進行

マイナーキーはナチュラル、ハーモニック、メロディックの3種類のダイアトニックコードが存在するのでメジャーキーと比べやや複雑になりますが基本的なコード進行のルールはメジャーキーとそれほど違いません。
このページのファンクションはキーが「Cマイナー」の各ダイアトニックコードで解説します。

※必須習得項目
「コード」
「ダイアトニック・コード」
「コード進行の基礎(メジャーキー)」
「音程」
「コード」

ファンクション


マイナーキーでの各コードのファンクション(機能)は基本的にはメジャーキーと同じなのですが響きがマイナーキー特有なものがあります。
  • トニックマイナー(Tonic Minor)
    特徴音である♭III音を含むダイアトニックコードの第Iコード。省略記号は「TM」

  • サブドミナントマイナー(SubDominant Minor)
    特徴音である♭VI音を含むダイアトニックコードの第IVコード。省略記号は「SM」
    ただし、メロディックマイナースケール上に出来るIV7コードは♭VI音を含まないためサブドミナントコードに分類されます。

  • ドミナントマイナー(Dominant Minor)
    ナチュラルマイナースケール上に出来るVm7コードの事。ただしリーディングノートやトライトーンを含んでおらずドミナントの機能は極めて弱いために「ドミナントコード」とは明確に区別する必要があります。省略記号は「DM」


スポンサーサイト

ケーデンス(Cadence)

マイナーキーでの基本的な終止形はTM、SM、Dを使用します。SやDMを使用する事はあまりありません。
  • TM→D→TM
  • TM→SM→TM
  • TM→SM→D→TM

主要和音と代理和音

マイナーキーの主要和音と代理和音をまとめると以下のようになります。
♭IIIm7+5コードは♭III音を含みImM7コードとの共通点も多いためトニックマイナーに分類されていますが響きが特殊なので使用される事は稀なコードです。
♭VIM7コードはトニックマイナー、サブドミナントマイナーコード共に共通点が多いのですが基本的にはサブドミナントマイナーコードに分類されます。

マイナーキーのファンクション一覧



関連ページ