ストレッチ フィンガリング

指を広げて演奏

指を大きく広げるストレッチフィンガリングの練習方法を紹介しています。いきなり無理をすると筋を痛めてしまうので徐々に馴らしていきましょう。

間隔の狭いフレットでのトレーニング


1フレット付近などでいきなり大きなストレッチをしようとすると指を痛めてしまう恐れがあるのでまずはフレット間隔の狭い12フレット付近で練習をしましょう。
まず18,16,14、12フレット全てを押さえます。押さえた状態から小指、薬指、中指と順番に指を離します。
慣れてきたら低音弦で同じ動きをしてみましょう。指は直ぐには開くようにはならないので焦らずつづけてみてください。

低音弦での複雑な運指


6弦など低音弦でストレッチフィンガリングを行う際、押さえる力が強すぎてピッチが上がってしまうということがよくあります。
特に中指と薬指のストレッチの際には親指に力が入りすぎて握力で弦を握り締めている様にならないようにしましょう。親指はネックに添えるだけで指だけで抑えるようにします。
スポンサーサイト

アルペジオを使ったストレッチ方法


このトレーニングは最初は中指と薬指が入れ替わり次に小指と薬指が入れ替わるやや複雑な運指トレーニングも兼ねています。
4音で一まとまりになっていて、しっかりと指を広げ確実に弦を押さえないと音が途切れてしまうので注意しましょう。

ギターを使わないストレッチ練習

まずは手の指を出来る限り大きく広げてください。次に指を大きく広げたまま全ての指の第一関節と第二関節を曲げます。
指に相当の負荷が掛かると思いますが、単に指を広げるだけのストレッチ方法よりもギターを弾く上でより実践的な練習方法です。

関連ページ